専門家派遣

dispatch of expert

専門家派遣について

集中講座(年間全8回実施)の必須講座を全て受講完了した企業は、「専門家派遣」をお申し込みいただけます。社会保険労務士等の専門家が、企業の課題や推進内容に応じて派遣されます。

募集回数:
全8回(集中講座各回ごとに募集)
募集企業数:
各回毎に25社まで(上限を上回った場合は、
改革の取組みが急務であると判断した企業を優先に選考します)
派遣回数:
1社につき最大5回まで(1回につき2時間まで)
Webから申し込む

※必須講座受講完了後にお申込みいただけます

有資格者の専門家が
企業の中から働き方改革促進をサポート

  • 社会保険労務士

  • 働き方改革
    コンサルタント

  • キャリア
    コンサルタント

働き⽅改⾰集中講座を受講した企業は、専⾨家の派遣を申請できます。お申し込み内容や集中講座の受講時のカルテの内容をもとに、
専⾨家の意見をふまえ、各企業へ派遣する専⾨家を選定します。
各回25社まで(最大5回まで派遣)。
※すべての企業が専⾨家派遣企業に選定されるわけではありません。詳細はお問い合わせください。

申込み要件

    • 集中講座の必須講座第1講座~4講座を申込み、受講完了していること
    • 都内で事業を営んでいること
    • 常時雇用する労働者が2~999人以下の企業又は一般社団法人、一般財団法人等であること
    • 賃金や労働時間に関する労働関係法令を遵守していること
    • ⾵俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に規定する⾵俗営業、同条第5項に規定する性⾵俗関連特殊営業、同条第13項に規定する接客業務受託営業及びこれらに類する事業を⾏っていないこと
    • 暴⼒団員等(東京都暴⼒団排除条例(平成23年東京都条例第54号)第2条第3号に規定する暴⼒団員及び同条第4号に規定する暴⼒団関係者をいう。)、暴⼒団(同条第2号に規定する暴⼒団をいう。)及び法⼈その他の団体の代表者、役員⼜は使⽤⼈その他の従業員若しくは構成員が暴⼒団員等に該当する者でないこと

お申込みから専門家派遣までの流れ

  • 必須講座全4講座
    を受講
  • 専門家派遣
    を申込み
  • 派遣先企業と
    専門家を選定
  • 日程調整
  • 事前ヒアリング
  • 専門家を派遣
    (5回/社)

※ 申込みから1~2週間程度で専門家を派遣いたします。

申込み期間

集中講座の必須講座を受講完了した日から14日間
申込みが上限25社に達しない場合は、7日間追加で募集します

※申込みは下記の「Webから申し込む」ボタンよりお願いします

Webから申し込む

※必須講座受講完了後にお申込みいただけます

外部の専門家による
現場のコミットで
会社ごとの課題の解決を
目指します

専門家派遣による取り組みの事例

専門家派遣による取り組みの事例 内容 対応する専門家
経営層のコミットが欲しい
経営理念を検討したい
トップ対談による経営層へのインタビュー、
役員会議への 参加等
働き方改革コンサルタント
中小企業診断士等
従業員へ制度の利用促進をしてもらいたい 具体的な利用方法を経営層からの一斉メールや
社内報で情報共有等
社会保険労務士等
現場管理職の意識を変えたい 管理職向け社内研修の実施サポート等 キャリアコンサルタント等
取引先が関わるので自社だけでは働き方改革
を推進できない
業務分析による業務見直しと外部への発信手法
の検討等
働き方改革コンサルタント
中小企業診断士等
従業員のエンゲージを高め定着率を上げたい キャリアプランに関する従業員向け研修実施のサポート等 キャリアコンサルタント等
利用を促進するための就業規則や各種制度の
見直しをしたい
他社事例の共有や制度の見直し等 社会保険労務士等
推進プランや計画が適切か自信がない 計画書の見直しや策定のサポート等 社会保険労務士
将来的に持続可能な推進体制や仕組みを根付
かせたい
取り組みの全体像や社内体制のチェック、
不足している点の改善策提供等
社会保険労務士
Webから申し込む

※必須講座受講完了後にお申込みいただけます